住宅塗装・防水工事なら岐阜市の三建塗装工業

お気軽にお問い合わせ下さい(平日9:00〜17:00)

0120-689-457

現場レポート☆愛知県名古屋市 某マンション

今日は最高気温が18度まで上がるとか・・・4月中旬並みになるとニュースではいっておりましたが。

インフルエンザもはやっていて、寒いのか暖かいのかよくわからんのですが暖かいというのはやはり日に日に年を感じる私にとってはありがたいことです!

今日は愛知県名古屋市にあります新築マンションの現場に来ております。

前回のブログでご紹介いたしました岐阜市のマンションのエントランスホールの壁にコテ作業にて、アイカ工業株式会社『ジョリパッドの校倉模様』の施工状況をご紹介いたしました。

今日ご紹介いたしますのもマンションのエントランスホールの壁で同じくアイカ工業株式会社『ジョリパッドのウォーターウェーブ』の施工状況をご紹介いたします。

このジョリパッドはコテとか吹付けあるいは専用のローラーでさまざまな模様を描くことができます。なので店舗や住宅の壁、商業ビルやマンションのエントランスホールなどでよく見かけられると思います。

今回は同じジョリパッドでも前回ご紹介した工法とは違い専用のローラーでパターンをつけていく工法です。

 

 

 

 

 

 

ウォーターウェーブというパターンで完成写真ではこのようなパターンになっております。

周りを養生したのち下塗り後にコテで壁全体に材料をならします。

 

 

 

 

 

専用のローラーでパターンをつけていきますが厚みがないとローラーのパターンが出にくいのでしっかりと材料を壁につけます。そして専用のローラーを転がすだけなのですが1発勝負です!柄がきれいに見えるようにあえて雑に転がしたりするのもテクニックの一つになります。

 

 

 

 

 

 

また壁のちり際(ぎわ)はローラーが入らないのでパターンがきれてしまいます、なのでローラーを一部切り取った部分でしっかりと端部までパターンをつけます。

 

 

 

 

 

完成した壁がこちらになります!

 

 

 

 

今回はアイボリー系の明るい色で施工しておりますが最初に掲載しました黒っぽいウォーターウェーブの写真と比べますと色彩が変わるにつれてパターンは同じであっても見え方がかなり変わって見えると思います!

またそこがジョリパッドの良いところですね。ご参考にしてください!

 

 

この記事を書いた人

堀場 俊弘
  • 堀場 俊弘
  • 営業・現場管理担当 塗替えの本当の良否の判断は、10年前後経過してからが明確にあらわれてきます。 塗替え直後だけではなく、10年経過して良さが改めて再認識して頂ける施工を、日々心がけております。

三建塗装工業は岐阜市を拠点とする塗装会社。
住宅の外壁塗装や屋根の塗り替えなど、様々な塗装工事を承っております。
住宅塗装をご検討の際は、是非一度お問い合わせ下さい。
出張お見積もりは無料です。ご相談もお気軽にどうぞ。

0120-689-457

[受付時間:平日9:00〜17:00]